関耳鼻咽喉科医院

大田区 耳鼻咽喉科なら 関耳鼻咽喉科医院

〒145-0064 東京都大田区上池台1-50-1
TEL 03-3729-5248

 

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
トップページ»  医院案内

医院案内

診療方針

当院では、皆様の『健康創造パートナー』として、皆様の健康全般に関するご支援をいたします。
具体的には、以下の3つの方針を重視した診療を行っております。

1.患者さんの健康状態を最も理解した医療の専門家として、長期的な関係を重視しております。

2.医療の専門家として、専門外の疾病については、他病院・医院の専門医を迅速にご紹介いたします。

3.患者さんにご納得のいただける治療を行えるように、じっくりとお話しをうかがったうえで、丁寧な治療説明を行っております。

 

診療科目

耳鼻咽喉科

 

診療時間

診療時間
9:30~12:30
15:00~18:00
◎…9:30~13:00
【休診日】木曜・土曜午後、日・祭日

 

院内の診療設備

●レーザー鼓膜開窓装置 オトラム(OtoLAM)

急性中耳炎の重症例や難治例では、経口抗菌薬治療のみに頼るのではなく、中耳貯留液を排除し、中耳腔の十分な喚気ドレナージを行うことが重要である。
鼓膜切開は、すべての年齢の患児に可能であるものの、体動の激しい子どもでは煩雑かつ困難である。

そのため当院では、2006年4月よりリレーザー鼓膜開窓装置OtoLAM(オトラム)を導入しました。
導入施設は、東京都区内ではまだ8余り、大田区では当院のみです。
ルミナス社の開発した最先端のレーザー治療装置です。このオトラムによって従来、入院や全身麻酔が必要であった滲出性中耳炎や難治性中耳炎の子どもが外来で一瞬(約0.1秒)で施行できほぼ同等に近い効果をあげています。

オトラムで開けた穴は1週間~4週間前後で開鎖していきます。穴が閉鎖しても症状が再発する場合は何度でも施行できるのも利点です。
実施料は現時点で鼓膜切開と同じ料金です。(東京都23区に在住の中学校以下のお子様は負担がありません)

OtoLAM

 

●世界最細径の電子スコープ(PENTAX VNL-90S)

頭頸部癌を早期発見し、高位の癌専門病院に紹介することは一つの耳鼻科開業医の使命と考えています。
癌の見落としがなく(高解像度)かつ痛みが少ない(世界最細径)の電子スコープを採用することにより、気軽に喉頭~下咽頭の観察をし症状、治療方針を御説明したいと思います。

電子スコープ

 

●アルゴンプラズマ治療(花粉症、アレルギー性鼻炎)

アレルギー性鼻炎、花粉症の症状を起こす中心となっている場所は、鼻に入ってすぐの下鼻甲介という場所です。この下鼻甲介の粘膜表面でハウスダスト、ダニ、スギ花粉が反応を起こしくしゃみ、鼻閉、鼻水をおこします。この反応の場所をアルゴンガスの中に高周波電流を流すことで生じるプラズマにより焼灼し、粘膜を変性させることによりアレルギー反応を抑えようとする治療法です。

この治療法の長所は物理的治療なので、特に副作用がないこと(妊娠中でも可能)。保険の適用対象になっていること(国保、社保など3割負担で片側約4,000円程度ですが通常は両鼻同時に行います。)
一方、短所としてはペースメーカーを装着している人は治療を受けられません。
また、レーザー治療と同様、効果が持続するのは半年から2年程度であり完全にアレルギー性鼻炎を治す方法でないことです。

アルゴンプラズマ


超音波画像診断装置